ホーム > セカンドオピニオン相談サポート

セカンドオピニオン相談サポート

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンと言うと医療現場でよく使われている言葉ですね。
直訳すれば第二の意見ということになります。医療現場では診療や治療方針について主治医以外の医師の意見を求めることが、最近では珍しいことでは無くなっています。

これを会計業界に置き換えますと、会計処理手続きや経営支援など顧問税理士以外の意見や助言を求めるということになります。
経営者の方々には、経営上の意思決定に選択の幅が広がることになりケースによっては大きなメリットを享受することが可能になります。

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 「顧問税理士の節税対策に納得がいかない」
  • 「顧問税理士はいるが、説明が不十分なところがあるので、他の税理士の意見も聞いてみたい」
  • 「創業時から大変お世話になっているが、現在の事業規模に対応できていない気がする」
  • 「顧問税理士に言いづらいことを相談したい」
  • 「顧問税理士が忙しく、いつも質問の回答が遅い為、すぐ意見をお聞ききしたい」
  • 「先代からの顧問税理士なので高齢である為、同世代の税理士の意見を聞きたい。」

他にもいろんな思いを持ったことがあると思います。
現在の顧問税理士と顧問契約を続けながら、それとは別に、当会計事務所が意見を述べたり提案したりするというものです。  
大企業では、2人とか3人の顧問税理士と契約しているのが当たり前になっていますが、中小企業や個人医院経営の方が複数の税理士と顧問契約するのも費用的に大変ですし、その必要も少ないものと思われます。
そんなときに利用したいのが当会計事務所のセカンドオピニオン相談サービスです。まずはお気軽にご相談ください。


大きな地図で見る

住所
〒558-0044
大阪市住吉区長峡町4-48 千種ビル201
最寄り駅
南海線 住吉大社駅
阪堺上町線 住吉公園駅
阪堺線 住吉鳥居前駅
それぞれ徒歩1分
営業時間
月~金 9:00~17:00

お問い合わせ 詳しくはこちら